鎧 ・銃等 その他 一覧 大阪の日本刀・刀剣販売店 明倫産業
日本刀・居合刀・刀剣全般の明倫産業株式会社 鎧・その他

日本刀販売・ご案内(明倫産業TOP)鎧・銃等その他

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
※表示の価格は全て税込です。
No. 銘文 時代 長さ(cm) 解説 証書 付属 価格

矢尻
    全長約22.5cm、刃長約4.5cm。       売約御礼

籐巻十手
    十手(籐巻) 全長約36cm、棒身約24.5cm、重量418gr       売約御礼

鮫皮巻十手
    十手(鮫皮巻) 全長約26.5cm、棒身約18cm、重量220gr       3.3万円

竜田川図 五本刀掛
    (約)幅41×奥行22×高さ20cm
竜田川をあしらった、風流な意匠の五本刀掛です。
      3.5万円

三つ巴家紋付火薬入
    火縄銃用の火薬入セットです。
外箱:約21×16.5×6cm、火薬入:全長約14.8cm、口薬入:全長約15.2cm、早合:全長約7cm
      3.5万円

後藤家押型
    金工の名門、後藤家に伝わる目貫や頭、小柄等製作の際に使用する押型。当時の刀装具製作を考察する上で極めて貴重な資料と言えるでしょう。       3.78万円

鉄扇
    全長約32cm、重さ434gr
親骨が鉄製の開閉可能な鉄扇です。刀を持ち込めない場所での護身用として使われておりました。 経年により痛みはございますが、貴重な一品です。
      6万円

鎖鎌
    刃部長さ:約18cm、柄長さ:約39.4cm、鎖長さ:約1.5m、分銅直径:約5.2cm
総重量:約1213gr
刃部は錆びておりますが、状態のよいしっかりとした造りの鎖鎌です。
      12万円

鎖帷子(くさりかたびら)
江戸末期   有名な鎖帷子です。かの有名な赤穂浪士が吉良邸に討ち入った時に着物の下に着ていた事や、幕末の新撰組が着物の下に着て市中取り締りをしていた事でも良く知られています。鎖帷子の性能は大変良く刀で切られた時は、刀の刃を通さず、非常に防御能力が高く、致命傷を受ける事を防ぐのには充分であったものと思われます。但し槍とか鉄砲の様な真直ぐの攻撃には、鉄板で作られた鎧の方が防御能力は高いものでした。鎖帷子は着物の下に着る為に相手に判りずらく万一の時の刀に対する防御には大変適したものでした。本鎖帷子は大変状態が良く傷みも少なく本来大名道具として伝わったものとの事です。この様に美しく伝わった鎖帷子は少なく貴重です。今回初めて世に出た為に、格安にてご提供いたします。       15万円

古式ピストル(管打ち式銃砲)
江戸末期   全長30.1cm  銃身長 24.4cm 口径1.5cm
幕末に作られた、中央に撃鉄を持つ和製雷管式ピストルです。先に火薬を筒先から詰め、そして弾を先から押し込め、火門に銅製の雷管をかぶせ激発出来る雷管激発式銃です。幕末でも大変少なく貴重なピストルです。お楽しみ下さいませ。
  売約御礼
イスラム兜と盾 江戸前期   現存品素晴らしく少ないイスラム兜と言われる物で、古来イスラム博物館に展示されていた物が近年日本に渡来してきた貴重な品です。本来は博物館の写真のように日本の兜で言う所のシコロが鎖となっていたものです。イスラム様式の模様を隅々にあしらった大変手間暇を掛けた西暦1600年頃の貴重な兜と盾です。イスラム兜と盾を是非研究して下さい。   売約御礼
変り南蛮鉢金(幕末) 江戸末期   幅21.5×奥行18.5×高さ23cm 830g
古来戦場で鎧兜の鎧武者の戦いを想像いたしますが、古い屏風絵を見ますと、面頬だけの武者もおり、街中の警護等には略式の武具も用いられました。本変り南蛮鉢金は南蛮の鎧兜にヒントを得作られたもので、大変異風な手の込んだ鉢金となっています。大変良く鍛えられた鋼を六層の鉢金に鍛えそれぞれを繋ぎ、より強靭な鉢金を作り上げています。幕末の余程の武芸達者の武士の特別注文品です。現存作大変少なく、資料としても又研究品としても大変貴重な変り南蛮鉢金となっております。お楽しみ下さいませ。
  26.3万円
永田新吉光行作之(火縄銃) 江戸   長さ124.8cm 砲身96.8cm 口径1.2cm
堺で鉄砲の生産がはじまったのは鉄砲伝来1543年種子島に伝わりその後十年目には堺に於いて大量の鉄砲の生産が始まっています。堺が一大工業生産地であったことが良くわかります。京、大阪に近く四国九州への港となり室町期の堺の都市の重要性は現在の大阪や東京とまったく同じ重要性を担っていました。本火縄銃の作者永田新吉光行も銃身のらっきょ型の銃身からして堺の鉄砲鍛冶と思われます。珍品中の珍品です。本火縄銃は口径1.2cmの一番普及した一番人気の火縄銃です。装飾は簡素ですが貴重な火縄銃です。今回世の中に初めて生で出たために格安にてご提供いたします。
  35万円
馬上筒(短筒火縄銃) 江戸   長さ22.3cm 全長40.5cm 口径0.9cm
種子島に鉄砲伝来(1453年)(してから日本の戦国時代は鉄砲の時代となりました、いち早く取り入れたのが有名な織田信長で天下統一の元を築きあげました。本火縄銃は特別誂え品の短銃で完璧に全てが残っています。本来短銃は大名家の飾り物として特別に製作された大変貴重な火縄銃です。この様な短銃は製作数が少なく大変貴重です。コレクションとして是非お楽しみ下さいませ。
  売約御礼

ゲーベル銃(NHK大河ドラマ八重の桜で有名な銃)
江戸末期   全長139.7cm、銃身99.2cm、口径1.8cm
有名な前装式銃で円弾を用いた最後の軍用銃です。本来のゲーベル銃は、オランダ語のゲーベルが小銃と言う意味ですが、日本では全般的に前装式銃全てをゲーベル銃と固有名詞になってしまっています。本前装式銃の口径は1.8僂△蠅泙后2估貊討ら火打ち式銃となり、次に雷管を打ち付けて発火する方法で一挙に近代銃の出現となり、明治維新の戊辰戦争や西南戦争の時は殆ど元込め式銃に変り、命中確度が飛躍的に向上致しました。NHK大河ドラマ八重の桜に出てくる銃として有名なゲーベル銃をお楽しみ下さい。
  売約御礼

馬上筒(短筒火縄銃)
江戸中期   長さ39.1cm、全長61cm、口径1.4cm
種子島に鉄砲伝来(1453年)してから日本の戦国時代は鉄砲の時代となりました、いち早く取り入れたのが有名な織田信長で天下統一の元を築きあげました。本火縄銃は特別誂え品の短銃で大変貴重な火縄銃です。時代の経年変化で引き金の留はききませんが、コレクションとしてお楽しみ下さいませ。
  売約御礼
ナポレオン銃 江戸中期 70 長さ70cm、全長102cm
西暦1780年頃製 あの有名なナポレオンの帽子とともに日本に輸入された貴重な銃です。ナポレオンの帽子とともに某有名な十三のキャバレー王のコレクションでした。日本では非常に珍しい火打石式銃で火縄式銃についで1560年ごろオランダで発明されましたが日本にも伝わりましたが日本の火打石では着火力が弱く火打ち式銃はあまり流行らなかった為に現存品が素晴らしく少なく貴重な銃です。幕末佐賀鍋島藩は近代銃として火打ち石式銃を藩の銃として製作に取り掛かったのは有名な話ですが、近代外国製銃の輸入により製造を中止しました。
  58万円

明倫産業 本店地図
〒543-0074 大阪市天王寺区六万体町 1-32
1F駐車場 2F武道具専門店 3F事務所(刀剣の買取)
6F刀剣展示場
地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽丘駅より徒歩3分
          谷町九丁目駅より徒歩8分
Tel:06-6772-3026(代表) Fax:06-6772-3028
店舗の詳細・会社概要はこちら

谷九店店舗紹介
地下鉄谷町線・千日前線
谷町九丁目駅すぐ
Tel:06-6772-3029(代)

梅田店店舗紹介
大阪駅前第二ビル 2F
JR大阪駅・北新地駅
地下鉄私鉄 各梅田駅
Tel:06-6346-0567

京都店店舗紹介
京阪神宮丸太町駅
徒歩15分
武道センター前
Tel:075-752-0002
Copyright © 2017 Meirin.Co.Ltd. All Rights Reserved.