名刀 一覧 大阪の日本刀・刀剣販売店 明倫産業
日本刀・居合刀・刀剣全般の明倫産業株式会社 名刀 一覧

日本刀販売・ご案内(明倫産業TOP)日本刀(名刀)刀剣

日本刀鑑定証については
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)


※表示の価格は全て税込です。
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 重ね 解説 証書 付属 価格
短刀
貞包(月山貞勝門)(綾杉肌)
現代 21.3 0 0.52 昭和十三年秋
井上貞包、明治26年生まれ。福知山市。人間国宝月山貞一刀匠とは年齢的に兄弟子となる、貞包刀匠です。現存刀大変少なく貴重な短刀です。本短刀は地金小板目肌よく詰み、刃ぶちに金筋状な鍛肌が綾杉肌として現れ、刃紋はのたれ乱れ刃を焼き刃中明るく良く出来ています。当時の短刀拵えが本短刀に一層華を添えています。
白鞘
拵え
33万円

甲斐住人忠吉
江戸
初期
68.6 0.9 0.83 加州住藤原忠吉、六右衛門延宝頃(1673年)と言うのが本刀の作者でしょうか。姿は寛文新刀の反りの少ない頑丈な姿中心は加州中心の削げ継風の中心尻です。地金は板目肌が流れて柾肌が現れ、刃紋は直調のたれ刃に二重刃を現し覇気が有り、匂口がふくよかで淡雪が積もるような冴えた刃紋を現し名刀の出来口を現しています。珍品中の珍品忠吉の刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 33.6万円

服部正廣(海軍軍刀拵付)
現代 63 1.2 0.78 服部正廣刀匠も昭和時代の刀工で、戦後は日本刀鍛錬に関わらなかった刀匠でしょう。戦後の作品が残っておりませんが、本刀は小板目肌良く詰み、刃紋は孫六兼元の三本杉を上手に焼き、孫六兼元写の刀を見事に鍛え上げています。現在海軍刀は殆ど軍艦と共に海底に沈んだために現存数少なく又鮫鞘の本刀は特に少なく大変貴重な刀です命を懸けてお国に尽くした海軍軍人の魂の刀を大切にいたしましょう。 拵え 34.7万円

長村兼清作
現代
69.1 1.7 0.8 長村兼清刀匠は昭和の刀工で、戦後復活しなかったために、戦後の刀の製作が有りません。本刀は長村兼清刀匠の大変記念すべき刀と思われます。地金は小板目肌良く詰み、無地風となり、刃紋は互の目乱れ刃を焼き、頭がくびれた独特の長村兼清刀匠の考案した矢筈乱れ刃を、大胆に焼き上げ大変覇気有る刃として見事に仕上げています。長村兼清刀匠の独創的な刃紋にただただ頭の下がる思いが致します。戦後復活しておれば素晴らしい名工として名が後世に残ったものと思われます。兼清刀匠の代表作品をお楽しみ下さいませ。 拵え 36.8万円
脇差
伊予大掾橘勝国 三代目勝国改之(加賀陀羅尼勝国)(新刀大鑑所載)大業物
江戸
初期
45.9 0.7 0.56 初代陀羅尼勝家、二代家重。3代目初銘家重、改めて勝国と称す。寛文元年(1661年)前田家の斡旋で四辻大納言吉家の取次で伊予大掾を受領。代々藤原氏を名乗っていたのを橘氏に改め家重から勝国と改名しました。来国吉十七代の孫と称し、陀羅尼派の鍛冶の内では飛びぬけて上手です。新刀大鑑には本脇差が3代目と解釈していますが、それは間違いで本脇差は3代目家重が勝国に改めました、と証明する大変重要な脇差です。地金は小板目肌良く詰み、刃紋は元を直刃で焼き、先を孫六兼元の三本杉を焼き、手癖である、三本杉の谷に沸が良くついています。大変少なく貴重な銘を家重から勝国に改名したと証明する貴重な名脇差をお楽しみ下さい。 白鞘 36.8万円
短刀
宗以下切れ(変わり短刀)
室町
末期
17.1 内反り 0.53 本短刀の姿は世の中に一本しかない大変変わった短刀です。皆様はこの様な短刀をご覧になったことが有りますでしょうか。何造と言えばよいのか今後の研究に大変楽しみなものです。地金は小板目肌が大変よく詰んだ地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃を素晴らしく覇気有る刃を焼き、刃中大変明るく食い違い刃が有るところを見れば大和伝で鍛えられた短刀です。世界に一本だけの変わり短刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 36.8万円
短刀
越前国兼法
江戸
初期
29.4 0 0.57 慶長新刀
江州下坂より越前に移住、肥後大掾を受領、本短刀は慶長時代(1600年)に流行った平造の短刀で地金小板目肌に柾肌交じり小にえ出来で浅くのたれて小互の目足が入り刃中働きが豊富に働く帽子直ぐに小丸にかえる。彫も大変上手な彫で、本短刀を一層華やかにしています。慶長新刀は皆名刀揃い、現存作も少なく是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 36.8万円


伝相州綱廣(皆焼刃)

室町
末期
64 1.4 0.61 鎌倉が衰退して新たに天文頃(1534年頃)小田原に北条氏が起こるに及んで、この小田原に相当数の刀工が集まりこれを小田原相州と呼んでいます。本刀は代表刀工相州綱廣と思われる、切っ先のやや延びた力強い姿に、地金は杢目肌に鍛えて、刃紋は焼き幅広く、沸本位で大乱れ刃に全面に皆焼刃を焼き、丸い飛焼きを見事に焼き上げ相州伝皆焼刃の代表的刀となっています。皆焼刃は大変刀身の全てに焼きが入る為に、鍛え方と材料の地金が相当良くなければ、もろく折れてしまいます、皆焼刃を焼ける刀工は大変入念に作ならければならず、相当の腕の持った名工です。相州綱廣と思われる皆焼刃の名刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 39.8万円


左信秀(源清麿写)

現代
74.3 1.9 0.76 豊州住信秀、豊州住左福智信秀、本名田口政春、福岡県田川郡赤池町住。新作名刀展入選多数。本刀元身幅広く切っ先の延びた源清麿写の豪壮な姿を現し、地金は小板目肌に鍛え、刃紋は互の目刃に砂流しを交え大変覇気有る、働きの非常に多い刃を焼いています。鎬地に一か所錆の後の朽ち込みと刃に一か所刃こぼれが有りますが研ぎが良いので気になるようなものではありません。左信秀刀匠の数の少ない貴重な清麿写しの名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 39.8万円


行光(加賀)(業物)(古刀)

室町
中期
65.1 1.7 0.77 行光は本来相州正宗の父として有名ですが、本刀は典型的な片削風の入山形の中心の形から加州行光と極められた文明(1469年)頃の刀です。先祖は藤島友重の次男が藤島行光で真景の門人になり、行光が代々続いています。本刀は業物で名高い4代目の行光でしょう。姿反り深く太刀姿美しく、地金は板目に柾が交じり、地沸が付き刃紋は匂い出来ののたれ乱れ刃に互の目に足が良く入り、良く出来ています。業物の加州行光の刀をお楽しみ下さい。 白鞘 39.8万円
短刀


丹波国福知山住村岡重次(おそらく造)

江戸
末期
29.4 0.4 0.62 同国幸田郡樫原村産 天保十五年甲辰年二月日
村岡重次刀匠は手柄山正繁刀匠(六代目伊賀守金道の養子)の弟、笹山青山家抱え鍛冶繁栄刀匠の門です。本短刀は村岡重次刀匠の後世に残そうとの気概を込めた、自分の生まれた村までも書かれた名短刀です。姿はおそらく造で、この様な姿はおそらく無いであろうと言う事で名を付けられたおそらく造姿で、地金は板目肌に鍛えられ、刃紋は互の目乱れ刃に足が入り、鎬地にも焼きが入り大変覇気が有ります。当時の小さ刀拵えも本短刀に一層華を添えています。
お楽しみ下さいませ。
拵え 39.8万円


米沢住片倉正晴作之(新々刀)

江戸
末期
66.8 1.3 0.72 本刀は大変貴重な元治頃1864年の出羽の新々刀片倉正晴の貴重な刀です。片倉正晴刀匠も廃刀令が無ければ本来ならば後世に名を遺した刀工でしょう。本刀は地金は新々刀の地金で鏡の表面の様なきれいな地金を鍛え、刃紋は互の目乱れ刃を沸深く焼き上げています。150年以上そのままにされて手入れが良く出来ていませんが、皆様の手で是非元通りの素晴らしい名刀に蘇らせてやって下さい。 白鞘 39.8万円


若州住宗吉 大永二年八月日(軍刀拵)

室町
末期
63.3 1.4 0.7 本刀は大永2年(1522年)若州小浜の宗吉であり師は元々は二代摂州中島来国長の弟子の宗長で若狭小浜に移住したもので、その弟子となりました。作風は藤島鍛冶に似て、本刀も抜き打ちに適した短い寸法で、地金は板目肌に鍛え、柾肌も現れ、刃紋は細直刃乱れ刃を上品に焼きこの様な刃が大変物切れするものです。お国に命を懸けて貢献した昭和初期の軍刀拵えが本刀を一層価値を高めています。お楽しみ下さいませ。 拵え 39.8万円
短刀
芸州呉住源貞幸造(包丁正宗写)(広島県重要無形文化財)
現代 29.5 0.1 0.64 昭和四十三年 二月日
名人月山貞勝の弟子、人間国宝月山貞一と兄弟弟子。名工源貞幸の相州正宗の国宝 庖丁正宗写の名短刀です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋のたれ刃に金筋、砂流し良く働き、沸素晴らしく良く現し覇気有る刃を焼き。表に棒樋、裏に二筋樋の彫りものを彫り大変成功致しております。包丁正宗の姿大変斬新で鎌倉時代によくぞこのような姿を作り出したものと感心させられます。今から 30年前に国宝の包丁正宗が売りに出た時の価格は当時の金額で2億円だったことが思い出されます。今の金額では10億円は下らないものでしょう。
白鞘 39.8万円


勝家作(軍刀拵)

室町
末期
62.4 2 0.63 加賀陀羅尼勝家天正頃1573年の刀です。勝家は室町初期応永時代より始まり、本刀は良業物として有名な天正頃の勝家です。本刀は家宝の刀に陸軍初期軍刀拵えにしつらえたものです。地金は板目肌良く強く鍛えられ、地模様が素晴らしく古刀の味を充分に表した地金を鍛えています。刃紋は直刃調に互の目尖り刃を交え刃中明るく良く働いています。如何にも物切れする刀です。家宝の刀を軍刀拵えにした軍人の覚悟の心意気が今にも伝わってくる名刀です。 拵え 売約御礼
脇差
国益(土佐藩工)
江戸
初期
54.2 0.8 0.63 先般本脇差と同じ国益作谷干城所持の脇差が出ましたが、谷干城は土佐藩出身後陸軍中将、伯爵。坂本竜馬の信奉者。西南の役で西郷軍に熊本城を包囲されて、熊本鎮台司令官として、熊本城を52日間死守し政府軍の勝利に導いた名将として古来有名な将軍であり後政治家でした。大変な愛刀家で後中央刀剣会会長も務めました。本脇差も谷閣下の所持した脇差と同じく国益の名脇差です。国益は生国河内国八尾、大坂二代丹波守吉道の弟子、後上野守吉国の養子となりました。山内家抱鍛冶で本脇差は地金板目肌良く詰み、刃紋は奔放な互の目丁子刃を高らかに焼き上げています。大変貴重な谷干城伯爵の御愛蔵の脇差と同じ国益の脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
39.8万円

泉州堺住人池田正久作
現代 62.2 1.2 0.75 昭和十八年十一月吉日
卍正久として余りにも有名。池田亀夫。明治43年生まれ。元陸軍受命刀工。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は互の目丁子刃を素晴らしく明るく焼き上げ、当時の武士である、軍人の守り刀となるべく、真心を込めて精鍛して立派に鍛え上げています。戦後も大阪の刀匠の代表者として活躍しました。但し現存作非常に少なく本刀は大変貴重な刀です。卍正久刀匠の貴重な刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 39.8万円

吉高(摂州住藤原吉高)
江戸
初期
61.7 0.7 0.84 本刀は寛文(1670年)頃の摂州住藤原吉高の刀と思われます。姿反りの少ない姿で、地金は小板目肌よく詰み力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃互の目足が入り、棟焼きもあり、大変派手やかな刃を焼いています。中心は化粧鑢を掛け、化粧鑢の掛けられた初めごろの刀と思われ、後に京でも打つと言われる、摂州住藤原吉高の現存作非常に少ない貴重な刀です。お楽しみ下さいませ。 拵え 39.8万円

宝竜子貞秀作
現代 67.3 1.9 0.68 昭和甲寅年神楽月吉日
(三池典太光世写)
横山貞秀は人間国宝月山貞一と兄弟弟子で、奈良県重要無形文化財喜多貞弘の弟子です。大阪住。本刀は三池典太光世を写した刀です。地金は九州地金ののっぺりとした粘り気の有る地金を鍛え、沸映を現し、刃紋はのたれ乱れ刃を焼き樋を三池典太の樋と言われる、太い樋を見事に掻き流しています。三池典太写しの名刀をお楽しみ下さい。
白鞘 39.8万円
脇差
伯耆守藤原信高
江戸
初期
31.3 0.8 0.62 本短刀は寸伸び短刀で、代別は不明ですが初期の伯耆守信高の冠落造の短刀です。初代は本国美濃で天正時代尾張清洲に移住。慶長15年名古屋城が完成すると、名古屋城城下に移住。代々信高を名乗っています。本短刀は姿豪壮で、地金は板目肌に柾目肌を交え、刃紋は互の目尖り刃が素晴しく良く焼けています。拵えも江戸時代の朱塗り変わり拵えが付き本短刀を一層華やかに飾っています。お楽しみくださいませ。 拵え 39.8万円

伝尾崎源五右衛門助隆(大平造)
江戸
末期
71.8 1.8 0.77 尾崎助隆は本国播磨、大阪に出て黒田鷹諶の弟子となり大阪の前期の新々刀を代表する有名な刀工です。本刀は大変変わった特別注文品でしょうか、大平造で三つ棟で、豪壮な姿に濤乱刃を素晴らしく上手に焼き上げています。尾崎助隆の濤乱刃の特徴は波の形が英語のMの形になるのが特徴です。のこのように上手に素晴らしい濤乱刃を焼けるのは尾崎助隆しかないでしょう。本刀は長年蔵の中に保管されていたために、中心が朽ちこんでいますが、極上の研ぎで、只今蘇りました。尾崎助隆の最高傑作品と言える作品をお楽しみ下さいませ。 白鞘

45.2万円

脇差
正俊(三代 越中守正俊)
江戸
初期
44.5 0.6 0.7 (越中守正俊)(三代)
京五鍛冶の一人、越中守正俊は伊賀守金道、丹波守吉道、伊賀守来金道、と父関兼道と上京、三品一門の基礎を造りました。特に越中守正俊は相州伝に巧みな技を現し、兄弟の内では一番の技量を持つと言われています。本脇差は越中守正俊の三代目、貞享(1684年)頃の正俊で、三代の作品は大変少なく、貴重な脇差です。三品藤三郎と名のりました。本脇差は大和伝の作刀で鎬が高く、地金は板目肌に柾目肌を現し、刃紋はのたれ乱れ刃に二重刃風、食い違い刃を交え力強い脇差を鍛えています。古調な一時代上って見える名脇差です。三代越中守正俊の名脇差をお楽しみくださいませ。
白鞘 47.2万円

伯耆国名和住林長孝 七十八才作之
現代 72.1 1.9 0.73 昭和四十八年五月日
本名林隆次。鳥取県西伯郡名和町。明治28年生。昭和13年湊川鍛錬所入門。森脇要の門。本刀は昭和48年長孝刀匠78才の作です。姿は重ね厚く豪壮な姿を現し。地金は板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に尖り互の目を交え、刃中には砂流しを交え大変覇気有る刃を焼いています。本刀は粗見すると江戸期の刀に見えてしまうような大変時代が上がった様に見える見事な刀を鍛えて上手です。
白鞘 47.3万円

武州下原住廣重
江戸初期 64.3 0.7 0.67 本刀は万治頃江戸八王寺に住む初代廣重の長男の子山本半十郎廣重で後、貞亨二年(1685年)水戸光圀の刀を鍛えて、「宗国」の名を与えられる。古来より、下原鍛冶は九州肥後同田貫派の刀や、豊後高田鍛冶の様に、業物の刀を鍛え、戦国武将に実用刀として大変愛用されていました。本刀は反りの少ない寛文新刀姿に地金板目肌強く鍛えられ、澄鉄も現れ、刃紋は小沸出来の直刃を焼いています。お楽しみ下さいませ。 白鞘 47.3万円

肥前一文字出羽守行(廣)
江戸
初期
68.8 1.2 0.68 肥前国忠吉の孫である出羽守行廣の名刀です。寛文三年(1663年)出羽守任官。本刀は一文字と切っていますが、石堂派の刀工から備前伝を習いました。本刀は明治時代に軍刀のサーベルの拵えにするため、中心尻をつまんでいますが、その姿が大変貴重です。地金は小板目肌良く詰み、細かな地沸が付き、刃紋は互の目に丁子が交じり、乱れの谷に沸が付き覇気有る刃を焼き上げています。本刀は鎌倉時代の備前福岡一文字に負けない名刀です。肥前刀は江戸時代の刀の代表的刀でそして全ての侍に愛された刀の一つです。
白鞘 48.3万円
脇差
伝相州住秋廣(本阿弥光孫折紙付)
南北

45.2 1.3 0.54 相州住秋廣は九郎三郎。正宗の弟子と言われる初代廣光の子供です。本脇差は身幅広く切っ先の延びた反りの深い優美な姿を現し。地金は板目肌に柾肌が交じり、刃紋は沸出来の大互の目乱れに飛焼きを交え刃中砂流し盛んに現れ素晴らしく覇気有る刃を焼き、帽子は激しいこれぞ火焔帽子と言われる刃を見事に焼き切っています。本阿弥光孫先生昭和8年の折り紙には大判75枚(小判では750両)(現在の価格では3,750万円)と高い評価を付けておられます。生で出てきたところですので、是非良い研ぎをして世に出してやって下さい。 白鞘 売約御礼
短刀
皇太神宮式年宝 菅原包則作之(伊勢神宮式年記念)
現代
25.5 0 0.43 帝室技芸員(人間国宝)
あたかも本年平成25年伊勢神宮の20年に1度の式年遷宮の年、明治20年伊勢神宮式年遷宮に於いて菅原包則は命じられて、式年遷宮の太刀を打っています。その記念として同時に打たれたのがこの短刀です。宮本志賀彦。備前長船横山祐包門。明治39年月山貞一と共に帝室技芸員(人間国宝)に指定されました。本短刀は姿は来国俊を狙った上品な姿、地金は小板目肌を見事に鍛え最高の地金を鍛えています。刃紋はのたれ刃に互の目を交え足が良く入っています。彫は表は旗鉾と裏に御祝の寿の文字の彫を見事に彫っています。今回生で出てきましたので、是非素晴らしい研ぎを掛けてやってください。式年遷宮の短刀は願っても出る事ありません、人間国宝宮本包則の名短刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 49.8万円

宇多平国(無銘)(寒山先生鞘書為継)
室町
初期
67.6 1.4 0.63 宇多平国は永享1429年頃越中の刀工ですが、佐藤寒山先生の鞘書きは正宗門名工越中郷義弘の子為継となっています。地金は松皮肌に鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に金筋を交え地景が現れ、大変変化有る刃紋を明るく良く焼いています。帽子も乱れ込先掃きかけて大変覇気有る帽子を焼き、本来は佐藤寒山先生の鞘書きの如く、郷義弘の子為継の極めで良いのではないでしょうか。松皮肌を是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 49.8万円

濃州秀宗作(正宗写)
現代 66.8 1.9 0.71 平成十年八月日
本名松原龍平昭和5年生まれ。13代川島正秀、中田兼秀門。関住、全日本刀匠会会員新作名刀展にて数々の入選をはたす。本刀は地金を大変難しい板目肌に鍛え覇気有る地金を鍛えています。刃紋はのたれ乱れに互の目を交え、金筋が現れ、相州正宗を狙い、相州伝の二筋樋を見事に切っています。大変覇気有る秀宗の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 49.8万円
脇差
兼房(若狭守氏房)(業物)
室町
末期
39.1 0.9 0.81 兼房5代目弘治2年長兄石見守国房より惣領職を譲られ善定嫡家を継ぎ、永禄13年若狭守を受領してほどなく氏房と改めました。本脇差は平造で、棟は真の棟で反りが付き豪壮な姿を現し、地金は板目に柾肌を交え、白気映りを現し、表に護摩箸と梵字、裏にも護摩箸と梵字を見事に彫り上げ、刃紋は兼房乱れと言われ古来有名な匂い出来のタコの頭の様な頭が丸い刃を見事に焼き上げ、兼房の代表的な見事な脇差です。標本的な兼房乱れの刃のもの少なく大変貴重な見事な関の兼房の名脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 49.8万円

播磨大掾藤原重高
江戸
初期
62.1 0.6 0.76 本刀は越前鍛冶の代表刀工の重高です。時代は慶長から元和1619年頃の慶長新刀です。生国は信州飯田で、関兼則門人となり、天正頃兼則の越前移住に従って移住してきました。地金は板目に柾が交じり地肌に地にえが付き、鉄色が黒ずむ気味があります。刃紋は小にえ出来ののたれ刃で匂いの深いものです。古来重高の刀は業物として武士に大変人気の刀です。後輩に有名な長曽根奥里虎鉄が現れてきます。お楽しみ下さいませ。
白鞘 49.8万円

家次作(加州)(業物)
室町
末期
70.1 2.2 0.74 藤島派の刀工で加賀青江の名が付けられています。本刀は弘治頃(1555年)の家次で、丁度上杉謙信と武田信玄が川中島で戦った時、毛利元就が厳島の戦いで勝利して中国地方の太守の足がかりを築いた丁度その頃の刀です。本刀は板目に柾交じりの肌に丁子乱れ刃が激しく暴れ、あたかも一時代前の古調な備前長船の南北朝時代の太刀に見えます。戦国騎馬武者の注文に応えて作った業物の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 49.8万円

山城大掾藤(以下切)
江戸
初期
66.2 1.2 0.7 本刀は堀川国廣の弟子で越前へ移住した、代々国清と銘を続く。本刀は4代目山城大掾国清の刀と思われる末備前写しの名刀です。時代は元禄1688年頃で、姿は元身幅と先身幅の差があり、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は末備前写の焼き出しを直刃で焼き、先を互の目刃を焼いて、大変覇気有る刃を焼いています。金襴緞子を巻いた鞘が一段と本刀を華やかに飾っています。末備前写の名刀をお楽しみ下さい。
拵え 49.8万円

会津住正長造(剣)
江戸
初期
18.4 0 0.77 正長は本国伊予愛媛長国の子、梅忠明寿の弟子となり、寛永四年(1627年)会津に移住。本剣は二代正長、寛文1658年の頃の 正長の貴重な剣です。姿大変優美な剣の姿を現し、鍛えも力強い鍛えをし、刃紋も素晴らしくむらなく焼き上げ素晴らしく上手な剣を作っています。拵えも江戸初期の貴重な拵えが付き、上品な剣となっています。江戸初期の正長の剣をお楽しみ下さいませ。
拵え 49.8万円

祐包(備前国長船横山祐包)
現代 63.1 1.5 0.72 贈福山君 岩鼻火薬製造所職員一同(明治初期)
祐定十三代目で友成五十八代の孫と称する備前国長船横山祐包の高官の衛府太刀用の刀身と思われる名刀です。本刀は小板目肌良く詰んで匂い出来の互の目丁子刃を素晴らしく良く焼いています。祐包は備前国新々刀の最後を飾る名工です。岩鼻火薬製造所は群馬県にあり、現在は群馬の森公園となっています。歴史を語る名刀をお楽しみください。
白鞘 55.7万円

日州住和平作(宮崎県)
現代 71.1 1.3 0.69 重量鞘払い1000g、備前長船祐定写、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 57.8万円
太刀
雲州住鉄山藤原貞永作(太刀銘)
現代 73.8 2.0 0.78 雲州住貞永刀匠は島根県重要無形文化財に指定されている名刀工です。新作名刀展で特賞寒山賞受賞等毎年受賞する名工です。本刀は小板目肌素晴しく良く詰み互の目丁子刃素晴しく足が良く入り、備前鎌倉時代福岡一文字を忠実に素晴しく良く写しております。大坂月山貞勝刀匠と貞永刀匠の父貞善刀匠が兄弟弟子の為に、兄弟全て月山一門に付く貞の字が付けられています。名工貞永刀匠の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘 57.8万円

清流鏡河畔瑞雲子善貞鍛之
現代 71.5 1.1 0.68 応川田光城先生需 昭和丙午歳八月吉日
明治33年生まれ。川島忠善門。 山村繁松。土佐鏡村。国工院会員名誉宗匠。元陸軍技術奨励会会長賞受賞。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋互の目丁子刃、逆丁子刃を交え元から先まで良く焼かれ、匂い口明るく、足良く入り、素晴らしく良く出来ています。どうぞお楽しみくださいませ。
拵え 59万円

因州住天日斉源助寿秀寿合作之(靖国刀匠)
現代 72.8 1.7 0.83 昭和四十五年八月日
天日斉助寿、金崎義一は池田靖光、堀井俊秀門。昭和13年東京靖国神社日本刀鍛錬会入会、昭和18年鳥取にて鍛刀場開設。数々の賞を総なめ受賞。子金崎秀寿昭和19年生まれ。鳥取市、全日本刀匠会会員。努力賞初め入選多数。本刀は鳥取の有名な砂鉄の因賀鉄を自家製鉄して、備前国与三左衛門祐定を写して成功しています。地金は小板目肌よく詰み刃紋は互の目丁子刃、腰の開いた刃、そして蟹の爪の刃を現し末備前を良く現しています。親子合作の素晴らしい名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 59.8万円

藩州住源美守作(珍品)
江戸
末期
70.4 0.7 0.7 播姫臣伊勢城美守作、播州姫路白鷺城伊勢守美守作と銘を入れる姫路の武士の作った名刀です。時は幕末文久1861年頃の作です。地金は板目良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目刃に良く足が入り刃中素晴らしく明るく出来ています。幕末動乱を迎えようとしている頃、大名初め、武士も動乱に備えて武家打ち称して刀を作ったものです。本刀の前のお持ち主はジェット戦闘機F4JEのパイロットで空将の方でした。お楽しみ下さい。 白鞘 68.2万円

伝直江志津(長巻直造)
南北
62.8 2 0.73 寒山先生の鞘書は志津となっておりますが、特別貴重刀剣の極めは直江志津となっています。昔から長巻直の刀には鈍刀無しと言われ名刀揃いです。本刀も長巻を刀に直したもので、地金は良く練れて細かく、小杢目肌に柾目肌が交じり、湯走が現れ、刃紋は沸本位でのたれ乱れ互の目刃が交じり、沸で崩れ沸の光強く時代が南北朝時代の為、650年以上経過していますので刃が低くなっているところもあり時代の古さを充分に感じさせます。直江志津に極められた長巻直しの刀は大変少なく貴重です。南北朝期の古い名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 68.3万円

藤田独龍子継平
江戸
中期
70 1.4 0.76 名工近江守継平の4代目藤田与四郎。初代継平は初代越前康継の高弟として名高く本刀は4代目の有名な草書銘です。黄金鍛等の添え銘を切ったものが多く。非常に独創的な刀工でした。本刀は天明5年1785年の作です。小板目肌良く詰み、刃紋は直刃調のたれ刃を焼、拵えは当時のままの大変腕の立つ武芸者の武士の拵えと思われる、大変厚い鉄鍔を付けて、鞘は半太刀金具に革包みの拵えがこの刀に一段と華を添えています。
白鞘
拵え
68.3万円

肥前国吉廣
現代 72 1.5 0.77 辛酉年三月日(昭和57年)
吉廣刀匠は本名瀬戸吉廣。昭和21年生まれ。福岡県糸島郡出身。久留米大学卒業後、人間国宝隅谷正峯刀匠に入門の名工です。新作名刀展特賞寒山賞受賞。優秀賞、努力賞、奨励賞を多数受賞。日本を代表する名工です。本刀は姿豪壮で、地金板目肌古刀のごとく肌が現れ、良く鍛えられています。刃紋はのたれ乱れに互の目を交え、刃に砂流し、金筋を多く交え刃中良く働いて覇気有る刃を焼いています。師匠人間国宝隅谷正峯刀匠は鎌倉期の刀の研究に明け暮れ、吉廣刀匠も古く鎌倉期の刀の地金を本刀で再現し大変古く見える刀を作り成功しています。鎬に多少の鍛え肌が現れていますがこれも古刀を探求し成功した証です。吉廣刀匠の刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 69.8万円
太刀
国宗 平成十三年十月吉日
現代 76.1 2.6 0.82 国宗刀匠は愛媛県新居浜住、本名藤田宗久。昭和38年生。河内国平刀匠門。河内国平刀匠は現在の名工として有名であり、又文化人として名が知られた当代の代表刀工です。本太刀は鎌倉時代の福岡一文字を狙った太刀で、腰反り高く刃肉がたっぷりと有る蛤刃で、切っ先は先が詰まった猪首切っ先を現し、地金は板目肌を鍛え地金が古く見え、刃紋は互の目乱れ刃に働きが豊かで、元に映り風の景色を現し、鎌倉期の太刀の再現に成功して素晴らしい名刀を作り上げています。国宗刀匠の貴重な太刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 69.8万円

濃州関住兼宣
江戸
初期
61 1.4 0.73 嘉吉1441年関徳永派の祖兼弘の子で平賀で鍛刀したので平賀関とも呼ばれています。本刀は地金板目肌素晴らしく良く詰み地金が明るく冴えています。刃紋はのたれ刃に力が有り覇気が有る刃を焼き志津風の刃を焼いて優れています。刃もたいへん明るく名刀の気位を大いに現わしています。中心の鑢は関鍛冶は鷹の羽、短刀を檜垣にするものが多いいですが、兼宣は刀も檜垣鑢をかけています。新刀期になりますと兼宣の銘を清宣とあらためて、徳永派の代表として関鍛冶の鍛冶頭を務めた名門刀工です。 拵え 71万円

常陸守宗重 以南蛮鉄作之(津田助廣門人)
江戸
初期
69.6 1
0.73 多田宇兵衛のち宗兵衛。津田助廣門人。寛文(1670年)頃本国播州本刀は地金小杢目肌素晴らしく良く冴え、力強い地金に互の目丁子乱れ刃を明るく焼き砂流を交え覇気有る刃を焼き上げています。常陸守宗重の技量の高さが良く分かります。津田越前守助廣の代作をしていたものと思われる名刀です。その当時舶来品として素晴らしく高価である南蛮鉄の添え銘も大変貴重な刀です。拵えも江戸期の黒塗り変り鞘に、鍔は赤銅地家紋を据紋にし、縁頭赤銅七子地に波泳ぎ龍の図、目貫は虎の図の金具が付いた格調高い拵えです。助廣の名品を見るような名刀をお楽しみください。 白鞘
拵え
78.8万円

備州長船住祐定 八月日
室町
末期
73.1 1.2
0.77 備前国祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本刀は八月日と有りますが、年号が有りませんが、織田信長の姉川の合戦比叡山の焼き討ち、武田信玄と徳川家康の三方原の合戦と日々戦国時代の群雄割拠の時代を逞しく生き抜いた名刀です。本刀は板目肌良く詰み備前独特の潤いのある地金で映りが立ち、刃紋は互の目丁子乱れ刃、刃中葉が働き千変万化の変化を表し素晴らしく覇気ある刃をむら無く焼き上げています。拵えも武士の好みで地味ですが、鉄地一作拵えと目貫は室町時代の古金工の目貫が一層本備前長船祐定の名刀に華を添えています。をおたのしみください。 拵え 78.8万円

筑後住祐利(薩摩拵え付)
現代 67.8 0.8
0.7 宮原範位所佩 明治二年二月日
祐利は備前加賀祐祐永の門、その二代目が筑後久留米に移住。宮原範位は久留米藩の家老と言われています。本刀は特別注文品として反りの浅い幕末勤皇刀の作りで寸法は短く使い勝手の良い様に特別注文品に作り上げています。地金は小板目肌良く詰み、刃紋は直刃明るく焼き上げて上手です。拵えも薩摩拵えが付いて、本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
78.8万円

濃州住丹波兼信刻同作
現代 72.1 1.6
0.72 平成八年十月吉祥日 還暦記念応安藤佐八雄需
本名丹波清吾、父岐阜県重要無形文化財丹波兼延に習う。刀身彫刻の名人として名高い刀匠です。新作刀剣展入選多数。本刀は元幅と先幅に差が少ない豪壮な姿に、地金小板目肌よく詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は備前伝丁子刃を元から先まで匂い口明るく見事に焼き上げ、刀身表に真の玉追いの上り竜。裏に梵字に護摩ばしに蓮台を見事に彫り上げ、この彫を彫るだけで3か月はかかるとの事です。見事な彫が本刀に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。
白鞘 81.9万円

濃州武芸八幡住兼国作(無鑑査)(津田越前守助廣写)
現代 71.3 1.6
0.78 尾川兼国刀匠は本名尾川邦彦。大正14年生。 大坂新刀の横綱。津田越前守助廣写の濤乱刃を現代に見事に再現させ、文化庁長官賞、 日本美術刀剣保存会会長賞、薫山賞の数々の賞を総なめにした現代刀工の代表者です。本刀も津田越前助廣写の姿優美で、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、助廣以上の、匂いの深い濤乱刃をむらなく見事に焼き上げています。有名な兼国の名刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼

因幡士植村元一
江戸
末期
65.1 1.9
0.8 天保十四年
植村長右衛門元一、浜部寿格(としのり)の門。寿格は目置兼先に学び因幡藩工となり、江戸に出、鎌田魚妙に師事、因幡藩藩主池田家と備前池田家の姻戚関係により長船に学び備前伝を学ぶ為に、浜部と備前鍛冶には華やかな互の目丁子刃が多い。元一は因幡藩藩士の武士でありながら本刀の様に浜部寿格に負けない、地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目丁子素晴らしく明るく焼き上げて、刀匠としても一流の作です。江戸肥後の鍔と、鉄一作金具の付いた天保時代そのままの拵えが一層本刀に華を添えていますお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
81.9万円

大和守源康道
江戸
初期
70.9 1.3   大和守康道は寛文頃(1661年)の美濃の名工です。明応頃1492年赤坂千手院康道の末で康綱の門人です。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は直刃匂い深く素晴らしく良く出来ています。肥前国近江大掾藤原忠廣に非常に似た素晴らしい刀を作っています。 白鞘 82万円
薙刀 出羽大掾藤原国路 江戸
初期
45.6 2.5 0.65 堀川国廣の高弟として余りにも有名な名工。出羽大掾受領は慶長19年ごろと思われます。本刀は国廣の慶長打ちと同じく身幅広くがっしりとし豪壮で地金良く詰み焼き刃素晴らしく華麗で、にえ匂いの働き素晴らしく慶長新刀の薫り高く神々しい刀と成っています。三品帽子も見所の一つです。出羽大掾国路寛永時代壮年期の最高傑作の名刀を是非お楽しみください。 白鞘 84万円

帝室技芸員菅原包則八十五才作(綾杉肌)
現代 63.8 1.3
0.7 帝室技芸員菅原包則八十五才作磯江ヨリエ
宮本志賀彦。備前長船横山祐包門。明治39年月山貞一と共に帝室技芸員(人間国宝)に指定されました。本刀は地金は綾杉肌を見事に鍛え、刃紋はのたれ刃に互の目刃を交え包則の真骨頂を現した名刀です。大正3年の当時のままの軍刀拵えが大変貴重なものです。包則の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘
拵え
84万円

備中国水田住国重
江戸
初期
60.4 0.9
0.67 (鍔 山城国伏見住金家(後代) 縁頭こ尻菊花の図銀地高彫 柄猿皮巻 鞘ひねり刻黒蝋鞘拵付)
備中国水田国重の刀です。時代は寛永(1624年)頃俗名が有りませんが、大月与五郎国重あたりの作刀と思われます。地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃明るく大変良く出来ています。古来備中水田は相州伝で巧みに刀を造り人気の高い刀工です。特に拵えが豪華で素晴らしく本刀を一層華やかにしています。
白鞘
拵え
売約御礼

丹後守藤原重常 越前於豊原
江戸
初期
69.4 1.2 0.67 初代重常、寛文頃1661年本国は播州北宅庄。越前丸岡に住した兼常の門人となりました。後に越前豊原に住み、後加州加賀に住みました。本刀は板目に柾肌が交じり、刃紋は互の目刃に尖り刃が交じり覇気有る刀を作っています。拵えは鞘は青貝を交えた変わり鞘で、縁頭は鉄地梅の木を現わし、鍔は鉄地丸に四目の家紋透かし好ましい格調ある拵えもお楽しみ下さい。 白鞘
拵え
89万円

於東武眠龍子寿実
江戸
末期
66.8 1.2
0.71 文政二年八月日
浜部儀八郎。浜部寿格の子、眠龍子と称する。寿実(としざね)の弟子の河村寿隆がのち上田藩工となり、源清麿や兄山浦真雄の師となったことは、余りにも有名です。備前池田家と鳥取池田家の縁で父寿格が長船で備前伝を習ったので浜部派は備前伝が非常に上手です。本刀は寿実42才の傑作刀です。地金は大変よく詰んだ小板目肌が無地風となり、乱れ映りが現れ、刃紋は匂の締った互の目が元から先までむらなく焼かれ、技量の高さが現れています。寿実の刀人気の割に少なく大変貴重な特別注文の名刀です。
白鞘 89.2万円
短刀
陸奥守大道作(金道父)(大和志津写)
室町
末期
27.2 0 0.59 陸奥守大道は伊賀守金道等三品4兄弟の父で、初銘を兼道と銘しています。永禄12年(1569年)に自作刀を正親町天皇に献上し、その功に「大」の字を賜り大兼道と銘しています。永禄12年から天正の初め頃までに陸奥守を受領し大道と改名しています。文禄2年(1593年)二条関白下向の節、金道初め兄弟4人を従えて上京しました。本短刀は小板目肌良く詰み、刃紋は直刃に二重刃を現し変化を見せ、志津三郎兼氏九代の孫と言う所伝を肯定さす、本国大和伝の短刀を見事に写して成功しています。末関の中でも素晴らしい名工として有名です。拵えは江戸中期の合口拵えが一層華を添えています。大変貴重な陸奥守大道の短刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
89.3万円

相州住盛重
室町
末期
62 1.3
0.63 鎌倉が衰亡して、新たに小田原に北条氏が起こるに及んで、この小田原に相当数の刀工が居住してこの刀工達を小田原相州と呼んでいます。相州住盛重はその一人で、天文頃(1532年)481年前の刀工です。本刀は反り浅く姿優しく、室町期の姿を現し、地金は小杢目肌に鍛え刃紋はのたれ乱れ刃に特徴的な互の目を大胆に交え、大変覇気有る刃を焼いています。相州彫の深い彫を表に草の剣巻龍、裏に梵字に二筋樋を素晴らしく力強く彫り上げ小田原相州の代表的刀となっています。お楽しみ下さいませ。 白鞘 89.3万円

東都住八鍛忠雄作
現代 77.3 2.7
0.9 為贈之福田博至君 東都住八鍬忠雄作
応需福田家重代之 他ニ不可渡也 昭和発年十月十二日
八鍬忠雄刀匠は靖国刀匠であった無鑑査刀匠父八鍬靖武門。昭和19年生まれ。荒川区南千住住。新作名刀展受賞多数。本刀は源清麿写しの切っ先の延びた豪壮な姿に、地金小板目肌よく詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は変化の有る互の目刃を見事に源清麿に負けない覇気ある刀を作り上げています。拵えも現代の拵えですが、武蔵拵えを今造れば70万円以上かかる拵えです。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
89.3万円

備州長船助宗
室町
末期
72.7 1.6
0.72 古一文字則宗の子が御番鍛冶の助宗で大一文字と言われています。本刀は200年後の天文の備前の助宗です。備前長船助宗の別れが島田に移住して島田助宗となっているのは有名です。本刀は末備前の特徴の姿が豪壮で、先反りが有り健全です。地金は小板目がよく詰み、刃紋は直調の刃紋に、地に向かい匂い出来の細かい刃が活発に働いています。一見備前長船清光に見える刀です。現存作非常に少ない助宗の刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 89.3万円
短刀
兼住(かねずみ)
室町
末期
31.2 0.6
0.72 兼住は十郎左衛門。関の奈良派の刀匠です。孫六兼元と同時代の永正(1504年)(500年前)頃の名工です。本寸延短刀は姿は健全で反りの深い鋭い姿を現し、地金は板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は匂出来の変化のある覇気有る互の目乱れ刃に飛び焼きも交え、波飛沫の様な趣の有る刃を焼き、返りを深く焼いています。拵えも江戸時代の鞘は雲の高蒔絵を上品に施し、金具は四分一地縁頭、鯉口、栗型、こじりの揃い金具が見事です。兼住の名短刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
89.8万円
脇差
伊賀守藤原金道(二代)(業物)
江戸
初期
39.3 0.9
0.68 名門山城伊賀守金道家二代、三品勘兵衛、初代金道の長男。寛永14年9月16日伊賀守受領。金道家は禁裏御用を承り。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れる事を条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受けました。本脇差も元先の幅の差が余りない切っ先が延びた豪壮な姿で、地金は板目が強く鍛えられ、刃紋は元に直刃調の京焼き出しを焼き互の目乱れ刃大変変化有る刃を焼き、刃中砂流し金筋が現れ、帽子は典型的な三品帽子を現し全てにおいて鍛冶の頭領としての価値を現しています。お楽しみ下さい。 白鞘
拵え
89.8万円
脇差
中島来(来国長)
鎌倉
末期
54.7 0.9
0.72 来国長、元徳1329年頃鎌倉末期、来国末の子で来国俊の門人、後摂津国中島に移住して打つので「中島来」と呼ばれています。本刀は鎌倉末期から南北朝期の豪壮な小太刀の姿で、地肌は小板目肌に地にえが微塵に厚く付き、刃紋は匂い深く直ぐ調のたれ刃に小足交じり、細やかな砂流しかかり金筋入り素晴らしく匂い口明るい刃を焼いています。京の来派はこの小太刀の様に地金が素晴らしく良く、垢抜けた地金が特徴です。江戸時代は来国光と極められた小太刀です。京の来の刀を持つことは、刀の趣味人の最高の憧れです。是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 89.8万円

城州住国時於南紀造之(堀川国廣門)
江戸
初期
79.3 2.1
0.86 本刀は堀川国廣の弟子で和泉守国貞や河内守国助が大阪に移住したように、国時は紀州に移住しました。国時の現存作大変少なく貴重な刀です。出身は国廣と同じ日向ですので国廣の一族かもしれません。本刀も堀川国廣の堀川移住後の地金が素晴らしく綺麗な地金で刃紋はのたれ刃がゆったりと焼かれ見事です。貴重な城州住国時の名刀をお楽しみ下さい。 白鞘 89.8万円

大和大掾藤原氏繁(小烏丸造)
江戸
中期
68.4 1.2 0.73 播州姫路藩藩工。三木新兵衛。元文1736年頃藩主の命により氏重より氏繁に改銘。氏繁の初代となりました。本刀は小烏丸造の姿で地金は小板目肌良く詰み大のたれ乱れ刃に砂流や金筋が良く働き相州伝を見事に焼き上げています。藩主より元文銀五定を賜った記念として子孫代々に伝える刀を造ったとの貴重な添え銘が有ります。貴重な氏繁の刀をお楽しみください。 白鞘 89万8千円

播州手柄山麓藤原氏繁精鍛作
江戸
中期
69.4 2 0.7 明和(1764年)頃の刀工。此の頃より刀は新々刀の時代になります。薩摩の伯耆守正幸等と同世代の有名工です。本名三木新兵衛。入道して丹霞と号しています。この子が手柄山正繁で、白河楽翁に500石で抱えられています。本刀は播州龍野の脇阪家の御一門の方の特別注文品の総金具銀造りの半太刀拵えに入っています。刀身がすこぶるスマートに特別に作らせ、東奔西走するためか刀身を軽くして軽快な刀にした特別注文の刀です。総銀造の拵え共々お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
92万円

於大城下細川正守刻印
江戸
末期
68.4 1.8
0.8 慶応三年八月日
於大城下細川正守、細川仙之助。本刀は江戸城下で作刀された貴重な名刀です。作州津山藩工の名工細川正守の作の刀で有名で有りますが、現存作拝見する事少なく、貴重な名刀です。本刀は姿誠に優美で小板目肌良く詰みのたれ互の目足良く入り、素晴らしく匂い深く上品に焼き上げています。父は水心子正秀の高弟で名工作州津山松平藩工細川正義の子であり本刀も素晴らしい名刀となっております。是非お楽しみくださいませ。
白鞘 115万円

脇差

靖国刀匠 武蔵国府中住靖興作
現代 75.7
56
2
1.4
0.8
0.8
昭和8年7月荒木貞夫陸軍大臣は有事に際しての軍刀を整備するために、財団法人日本刀鍛錬会を東京九段、靖国神社内に組織しました。以後第二次世界大戦終結までの12年間に、8100口の日本刀が誕生いたしました。ここで製作された日本刀を「靖国刀」と呼び従事した刀匠を「靖国刀匠」と言います。本刀は靖興刀匠58歳の快心作備前伝福岡一文字写し互の目丁子刃素晴しく良く出来ています。 白鞘 115万円

源道義 弁慶剣吾藤原正秀帯之
江戸
末期
74.7 1.4 0.85 元治(1864年)頃の尾張の刀工です。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み刃紋は互の目のたれ刃を覇気ある気合いで素晴らしく明るく焼き上げています。幕末風雲を告げる時、藤原正秀という武士の自分も武蔵坊弁慶のような立派な武人にあやかりたいとの希望を込めた名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

出雲大掾藤原吉武
江戸
初期
69.7 0.6
0.75 業物
堀川国廣門堀川国武の子、三条吉則の末裔。延宝1673年頃山城の刀工です。後に江戸へ移住。本刀は姿堂々と、地金は小板目肌よく詰み杢肌が交じり、刃紋は小沸出来の志津写の豪快な乱れ刃を素晴らしく明るく焼きいれております。あたかも堀川国廣に見間違うほどの素晴らしい名刀です。拵えも江戸期の縁頭目貫に稲穂の図の金具が付いた拵えが本刀を一段と華やかに飾っています。良く切れることで有名な吉武の名品をお楽しみくださいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

大和守藤原金蔵
江戸
初期
70.9 1.8
0.74 関の寛文1658年頃の刀工。後江戸へ出て刀を鍛えました。本刀は地金小板目肌が素晴しく良く詰み、地沸が厚く付く素晴らしい地金を鍛え、刃紋は直刃調のたれ刃、沸、匂深く、あたかも名工肥前国近江大掾忠廣を見るがごとくの直刃を素晴らしく良く焼いています。金蔵の最高傑作品と思われます。長く紀州徳川家の家老朝日奈家の蔵刀として大切にされていました。拵えも今では刀てい作ることのできない黒皮包み鞘刀拵えが大変貴重な拵えで、本刀に一段と華を添えています。 白鞘
拵え
126万円

佐渡守国富元嘉作
江戸
中期
77.3 0.6
0.86 長州藩の刀工。元禄時代の名工です。本刀は大和手掻写しの地金小板目肌良く詰み、直刃小乱れ二重刃、食い違い刃が随所に入り、あたかも手?包永を見るような素晴らしい国富の最高傑作の名刀です。山口県長州の刀工は現存作大変少なく、貴重な名品です。是非お楽しみ下さいませ。 拵え 126万円

肥前国宗次
江戸
中期
73 2.2
0.8 (脇坂家伝来太刀拵付)
肥前国伊予掾宗次の四代享保頃(1717年頃)の名刀です。地金は小板目肌よく詰み肥前刀の真骨頂の直刃を素晴らしく力強く焼き上げた大名からの特別注文品です。太刀拵えも脇坂家の桔梗紋をあしらった素晴らしい太刀金具が一層本太刀の価値を高めています。今回初めて世の中に出てきました。お楽しみ下さいませ。
拵え 137万円

平安城安廣
江戸
初期
71.8 1.2
0.76 平安城安廣は名工南紀重国の協力刀工として近年重要視されています。京山城でも刀を作っており、かの有名な大業物で名高い大和守安定の父親として脚光を浴びています。安定が紀州石堂出身と発見されたのもこの平安城安廣との合作刀が発見された為です。現存作殆んど無く本刀が代表作となっております。身幅元末の差無く、身幅広く、切っ先大きい天正慶長の刀姿とても力強く地金板目良く詰み、のたれ刃素晴らしく良く働き、南紀重国を見るような名刀です。 白鞘 137万円

摂州住藤原長綱(聾長綱)
江戸
中期
68 1.8
0.76 (聾長綱、つんぼ長綱)
初代近江守忠綱の門で北村市右衛門。銘に自ら聾長綱と入れた刀が有るので、古来「聾長綱」として、聾でありながら刀工として、名人となったために、世に余りにも有名ですが、残っている作品が大変少なく、見る事が無く本刀は大変貴重な長綱の刀です。姿は反りが有り、踏ん張りが有り。地金は小板目肌よく詰み強く鍛えられ、刃紋は備前伝大兼光写しの互の目丁子刃に尖刃や肩落互の目刃を交え大変覇気有る刃を焼いています。聾長綱の貴重な名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 138万円
脇差
濃州関住兼定作
室町
末期
59.4 2 0.65 (初代或は二代)
室町時代文明(1469年)から明応(1492年)にかけて初代兼定の作刀が有ります。世上有名な和泉守兼定(之定)は明応からの作刀が有ります。鞘書の田野辺先生の説に従えば、初代兼定ですが、本刀も年代が無いために和泉守兼定の初期銘かもしれませんが、初代か二代はこれから研究しなければなりません。本刀は小太刀として造られ、当時の優美な姿を現し、地金は板目肌に柾肌が交じり、全体に古調な映りを上品に表し、刃紋は互の目に上品な尖り刃を交え刃中働きが素晴らしくあります。拵えも幕末の銀金金具一作の上品な拵えが一層本刀に華を添えています。現存作少ない兼定の名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
168万円

一 肥前国出羽守藤原行廣(初代)
江戸
初期
73.8 2.1
0.75 初代忠吉の孫で河内大掾正廣の弟寛文3年(1663年)出羽守受領慶安3年長崎に行き薬師寺四郎右衛門より阿蘭陀鍛えの鍛法を学び以阿蘭陀鍛作の添え銘を切っている刀も有ります。又銘に一あるいは一文字と切っているのは後に石堂派の鍛冶から備前伝の鍛法を習ったからで 鍋島左京の抱え鍛冶。本刀は地金小板目が良く付き細かな地沸がつき地景が現れ、刃紋は直刃に小互の目を元から先まで交え見事に焼き上げています。業物としても有名で肥前刀の代表刀匠の一人です。 白鞘 168万円
阿波守在吉 安土
桃山
68.1 1.3 0.7 堀川国廣門下でも一番古い弟子で国廣の代作者。重要美術品の長義写しの刀は国廣の長義写しの山姥切りの刀と殆んど同作。国廣のそばに居たことは明白です。国廣の代作者の為、阿波守在吉銘の刀はこの刀を入れて2口今回この刀の新発見で3口。薙刀短刀全部合わせても10口も現存していない貴重な刀です。本刀は切っ先の伸びた反りの浅い慶長新刀の姿で地金板目に肌立ち心ざんぐり肌で地にえ良く付き、刃紋はのたれに互の目交じり小にえよく付き足が入り帽子は焼きずめて堀川国廣の名刀を髣髴とさせる素晴らしい出来です。国廣が山伏となり漂泊中付き従った弟子阿波守在吉は松尾芭蕉と弟子の曽らとに称えられています。 白鞘 189万円

横山加賀介藤原祐永(来国俊写)
江戸
末期
72.4 1.6 0.76 横山加賀介藤原祐永 天保十四年二月日
備陽長船友成五十六代孫 君万歳
加賀介祐永は備前長船鍛冶の幕末の最大の名工として余りにも有名です。本刀も祐永の代表作品。祐永としては大変珍しい来国俊を写した直刃の特別注文品です。姿は鎌倉時代の太刀姿を現し、地金はあくまでも澄んだ小板目肌を微塵の混じり気も無く鍛え上げ、刃紋は来の独特の元から先までむらの無い直刃を華やかに焼き上げ、君万歳と入れる刀は特に入念作で最高傑作となっております。祐永の名品をお楽しみ下さい。
白鞘 特別価格
御相談
短刀
介廣作(相州住介廣)
室町
末期
34 0.6 0.64 介廣は天正(1573年)頃の刀工で、平造反りの深い天正時代の姿に、地金は板目肌に柾目肌が現れ、刃紋は互の目乱れ刃に沸が絡み、刃中明るく金筋や砂流が現れ、大変覇気有る刃を焼き上げています。拵えは肥後金具一作、鍔は金象嵌蔦の図、縁頭こじりは金象嵌花桐図、小柄、割笄は金象嵌牡丹蔦の図、目貫赤銅地桐紋定規の図、と言う素晴らしい短刀拵えが、御持ち主の位の高さを現しています。末相州介廣の名短刀をお楽しみ下さい。 白鞘
拵え
特別価格
御相談

筑州山王住宗勉作(無鑑査刀匠)
現代
76.2 2.5 0.71 平成二十四年八月吉日 偲来国俊
昭和2年生まれ文化庁長官賞、毎日新聞社賞、薫山賞、理事長賞、等々の多数の特賞を受賞している現代の名工として余りにも有名な宗勉刀匠の来国俊写し格調高い直刃を見事に再現した名刀です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、素晴らしいむらの無い直刃を元から先まで焼き上げて、名人の名声をいよいよ高めた傑作太刀です。お楽しみ下さい。
白鞘 特別価格
御相談

備前国住長船祐定(源兵衛尉祐定)
室町
末期
67.8 1.6 0.79 喜多野為弥八郎作之 天文十八年二月吉日
天文十八年(1549年)はポルトガルから種子島に鉄砲が伝来して6年目。宣教師ザビエルが鹿児島に来て、キリスト教を伝えた年です。本刀は与三左衛門祐定の長男源兵衛尉祐定であろう祐定の戦国武将喜多野弥八郎からの特別注文の名刀です。本刀は地金板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目刃、蟹の爪の刃を交え、地に煙り込むような素晴らしい刃を焼き、見事です。拵えも見事な拵えが本刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
特別価格
御相談

(枝菊紋)近江守源久道嫡子源来久次(大阪城展示品)
江戸
初期
61 2 0.7 二代伊賀守金道門、三品姓を許されれて久道と銘する。中心に枝菊紋を切り添える。本刀は姿反り深く、地金は板目肌素晴らしく沸良く付き、強い地金を現わし。刃紋は互の目刃を高らかに焼き上げ、元より先までむらなく良く焼き業物と称するだけの最高傑作品の名刀です。枝菊紋が当時としては大変斬新な物で、人気刀工の一人です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 特別価格
御相談

肥前國陸奥守忠吉(三代陸奥守忠吉)(幻の名刀)
江戸
初期
70 1.6 0.72 最上大業物
肥前国陸奥守忠吉は製作本数大変少なく幻の名刀と言われています。江戸では虎鉄が活躍し、大阪では助廣、真改の両横綱が活躍しており、肥前ではこの陸奥守忠吉が活躍し、江戸時代の刀の黄金期を迎えています。ただこの陸奥守忠吉は父、近江大掾忠廣の代作をしていたためと、天才刀工で有るがゆえに、鍛刀数が非常に少ないため昔から幻の名刀と言われています。本刀も豪壮で地金素晴らしくよく詰み、刃紋は備前福岡一文字の刃を明るくむらなく豪快に焼き上げいます。三代陸奥の丁子刃は大変少なく又どれをとっても名刀ばかりです。幻の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

鉄火道人昭秀作(栗原彦三郎)
現代 72.1 1.6 0.9 奉祝皇紀二千六百年 寿 同年三月 上院
昭秀刀匠は堀井胤明門、東京赤坂氷川下に日本刀鍛錬伝習所を設けて刀匠の養成に心血を注いだ刀剣界の大功労者です。人間国宝、宮入昭平、天田昭次、秋元昭友等、師や門人等50余名を育て又抱えていました。栃木県選出の衆議院議員でも有りました。本刀は昭秀61歳の作ですが、本来は宮入昭平刀匠が鍛えています。本刀は昭和15年皇紀二千六百年を祝う記念の刀と同時にこの年3月、昭秀が上院とは貴族院議員になった御祝の為に打った記念の貴重な刀です。
姿は豪壮で、地鉄は小板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は互の目のたれ刃を力強く焼き、良く足が入り覇気有る刃を焼いています。御祝であり、記念打ちで有る為に、力一杯の大傑作刀となっています。昭秀刀匠の代表作をお楽しみ下さいませ。
白鞘 特別価格
御相談

肥前国近江大掾藤原忠廣
江戸
初期
71.7 1.1 0.72 近江大掾忠廣は肥前国忠吉の嫡男で寛永十八年七月に近江大掾を受領。本刀は太刀姿頃合いで、姿が素晴らしく良く地金は小板目肌地沸がついて潤いが有り所謂小糠肌の典型です、刃紋は家伝の中直刃素晴らしく良く出来て二重刃風の働きの所もあり、初代忠吉を凌ぐ出来を現しています。新刀期の代表刀工で有り、新刀の正しく優等生といえる名刀です。本刀は大名の殿様の差料として作られ、拵えも素晴らしく、一層本刀を華やかにしています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
特別価格
御相談

伝古一文字(平安から鎌倉初期)(網屋小倉惣右衛門家重代)
平安
末期
71.9 2.5 0.59 本太刀は生の太刀で、古一文字と極められた平安から鎌倉初期の太刀で約900年近く前に作られた貴重な太刀です。姿は優美な太刀姿で品位が高く、地金は細かく小杢目肌に大肌が交じり、地斑映りが現れ、刃紋は腰刃を焼いているのが古一文字と極める点で、直調で小丁子乱れで刃中金筋が現れ良く働いて古一文字の特徴を良く現しています。日本一の刀屋と言われた、網屋小倉惣右衛門家の門外不出の重代の名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
太刀
加賀住両山子正峯作之(人間国宝 隅谷正峯)
現代 75.4 3 0.8 乙卯年二月日(昭和50年作)
隅谷正峯刀匠は昭和56年60歳で人間国宝に指定されました。昭和40年、昭和41年、昭和49年と最高栄誉である正宗賞を受賞、本太刀は隅谷正峯刀匠の最高の作品が出来ていた昭和50年の56歳の正宗賞を取った時と同じ太刀です。鎌倉時代の堂々とした太刀姿凛として、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は力強い互の目丁子刃素晴しくむらなく格調高く焼いています。人間国宝隅谷正峯刀匠の貴重な太刀をお楽しみください。
白鞘 特別価格
御相談
脇差
肥後大掾貞国(重要美術品同等)
江戸
初期
37.1 0.2 0.63 本脇差は平造の姿、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃、匂口が明るく淡雪が積もれる如くの刃を上品に焼き、彫物は表に櫃の中に真の剣巻龍、裏に八幡大菩薩の彫を見事に彫り上げています。献上品でしょうか元々の生無銘の物で、彫も刀身もどこから見ても重要美術品と同等品です。越前康継同人と言われる肥後大掾貞国とされていますが、如何でしょうか、小刀拵えも素晴らしい拵えです。お楽しみ下さいませ。 拵え 特別価格
御相談

七十二翁天秀(彫印)(水心子正秀)
江戸
末期
69.8 1.6 0.67 文政三年八月日
(新々刀の祖)(最上作)
新々刀の刀工で正秀との関係が無い刀工はいないと言われるぐらい、多くの弟子を持つ、新々刀の祖と言われる水心子正秀の、大変貴重な天秀銘です。文政元年1818年68歳で子の貞秀に正秀の名を譲り天秀と号します。何口かしか存在しない貴重な天秀の刀をお楽しみください。本刀は備前兼光写しの丁子刃素晴らしく良く出来、地に煙こむ様な映りも古調に見え水心子正秀の真骨頂を現わした名作です。
白鞘 特別価格
御相談
拵え
糸巻太刀拵(松平家伝来)(参州渥美郡吉田七万石)
江戸
末期
      本糸巻き太刀拵えは江戸時代末期の拵えで、総金具銀磨地高彫人物と唐草の図目貫は松平の家紋の菊蝶紋三双金無垢地、太鼓金も松平家紋の菊蝶の図。鞘は金梨地塗家紋笹りんどう高蒔絵紋が十二個品良く描かれています。糸巻き太刀拵えの歴史は足利将軍八代義政に嘉吉三年(1443年)糸巻き太刀拵えを献上した記録から始まります。武家の拵えで公家は使用しません。柄糸の色は源氏は黒、平家は紫、藤原は萌黄色、橘氏は黄色と言いますが、多くの場合は佩用者の好みで巻かれています。本太刀は健全この上ない素晴らしい太刀拵えです。松平家伝来の太刀拵えをお楽しみ下さいませ。
のみ
特別価格
御相談

固山宗兵衛宗次鍛尽(山田浅衛門家伝来)
江戸
末期
71.2 1.8 0.8 応山田朝右衛門吉昌需 固山宗兵衛宗次鍛尽
天保六乙未八月日
天保6年は(1835年)新々刀期における備前伝刀工中の第一人者固山宗次の素晴らしい名刀です。地金小板目に小杢目肌が交じり良く詰んで美しく、刃紋は宗次丁子と言われ覇気有る明るい丁子刃を焼き、一文字写しの互の目丁子刃を素晴らしく明るくむらなく焼き、固山宗次の最高傑作品となっています。古来有名ですが幕府お試し掛かり山田浅衛門の特別注文品の名刀です。ここに初めて目に掛かります。お楽しみ下さいませ。
白鞘 特別価格
御相談
脇差
固山宗次作之(山田浅衛門家伝来)
江戸
末期
56.4 2.4 0.87 副山田吉昌子之好 固山宗次作之
天保十三壬寅年五月日
天保十三年(1842年)新々刀期における備前伝刀工中の第一人者固山宗次の素晴らしい名脇差です。地金小板目に小杢目肌が交じり良く詰んで美しく、刃紋は宗次の互の目丁子と言われ覇気有る明るくむら無く丁子刃を焼き、固山宗次の最高傑作品となっています。本脇差は有名な山田浅衛門吉昌先生の脇差とする為に特に鍛えられたもので幕末の歴史が詰まった名脇差です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 特別価格
御相談

九州肥後国同田貫兵部(業物)
安土
桃山
72.1 0 1.3 天正頃1580年(420年前)
本刀は世にあまりにも有名な九州肥後同田貫兵部の大身槍です。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本大身槍は小板目に柾まじり刃紋はのたれに互の目みだれ大変良く出来ています。大身槍は元々大名物です。拵えも朱鞘の大名拵えです。現在人気第一の肥後同田貫兵部の大身槍をお楽しみください。
白鞘
拵え
特別価格
御相談

衛府太刀拵(松平遠江守伝来摂州尼崎四万石伝来)
室町
中期
66.6 1.9 0.64 (蛇の目に桔梗紋)(江戸期は伝青江貞次)(伝平高田)
武士は諸大夫つまり正五位以上になると狩衣、太刀を許されました公卿の佩く蒔絵の太刀に真剣を入れて衛府の太刀と言いました。本衛府太刀は三位以上は金具は金、四位以下は銀と定められていたので、本衛府太刀は金色絵の為 三位以上の格式の有る大名の物です。中身は元々は備中青江貞次として伝来していました。現在は平高田と極めれれていますが。備中青江で良いのではないかと思います。豪華な衛府太刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
特別価格
御相談

和泉守藤原国貞
江戸
初期
75.5 0.9 0.7 和泉守藤原国貞は大坂新刀の祖として余りにも有名刀工です。本刀は大変洗練された姿に素晴らしく垢抜けした刃を焼き、子の井上真改代作代銘と思われるこれが刀です。小板目肌良く詰み沸出来の互の目丁子刃素晴らしく明るく良く出来ています。大坂新刀の代表的名刀を是非お楽しみくださいませ。 白鞘 特別価格
御相談

兼道(三品派の祖)
室町
末期
69.5 1.8 0.77 (伊賀守金道、丹波守吉道、越後守来金道、越中守正俊の父)
兼道は天文24年(1555年)から天正4年(1576年)までの作刀が有ります。武田信玄の抱え鍛冶となり、文禄2年(1596年)4人の子供たちを連れて、二条関白の御供で上京し、西洞院に居を構え三品派の祖です。本刀は地金小板目肌が良く付き、刃紋は互の目刃や尖り刃、矢筈刃を交え大変覇気有る健全な刀です。兼道の刀大変少なく、貴重な刀です。三品派の祖兼道の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
特別価格
御相談
脇差
和泉守兼重(虎鉄の師)
江戸
初期
52.7 0.9 0.63 (宮本武蔵の紹介で藤堂和泉守高虎の抱え刀工になりました。宮本武蔵有縁の刀工としても有名です。)
虎鉄の師と言われる和泉守兼重が寛永初年江戸に出て宮本武蔵の紹介で藤堂家に抱えられ藤堂高虎が和泉守の為、主家に遠慮をして和泉守から上総介を名乗ったとされていたが、最近の研究で和泉守兼重が父で上総介は子で虎鉄の相弟子である。本脇差は大変数が少なく貴重な虎鉄の師である和泉守兼重の名脇差で、一時代上の慶長新刀に見える姿、地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は素晴らしい奔放なのたれ刃を焼き覇気が有ります。虎鉄の初期作を見るがごとくの素晴らしい脇差です。幻の虎鉄の師和泉守兼重の名脇差をお楽しみくださいませ。
白鞘 特別価格
御相談

藤原清人作(源清麿門人)
江戸
末期
75.4 1.8 0.8 清人嘉永五年26歳の時船田一琴の紹介で源清麿の弟子となり清麿が嘉永7年11月14日自宅で自刃の時僅か二年の内弟子であったが清人師匠をこよなく尊敬していた為に清麿の刀の半金を貰った刀の残債が30本も有ったのを 清人が成り代わって清人が刀を打って納めた話は美談として今日まで語り伝えられています。このような素晴らしい刀匠である為に古来人気の高い刀工です。本刀は清人39歳の快心作です。平成18年正月の刀剣美術誌鑑定刀になっておりますので、作柄は本文をご参考にしてください。 白鞘 特別価格
御相談
脇差
伝武州江戸越前康継(初代)
江戸
初期
33.9 0.4 0.5 康継は家康の三男結城秀康に越前にて抱えられ、慶長十年江戸に召され家康、秀忠両将軍の前で鍛刀し、激賞され褒美として葵紋と康の一字を賜り康継と改めた。徳川将軍家お抱え刀匠越前康継は江戸時代の最上作の名刀です。本脇差は片切刃造で地金は越前地金の板目肌に柾目肌が交じり力強い地金を鍛え、刃紋は互の目乱れ刃ちじに乱れ刃中大変働きのある刃を焼いています。彫も独特の越前彫が見事です。拵えも江戸期の三所は赤銅魚子地菊桐紋、目貫は金無垢菊桐目貫、縁頭鯉口、こじり、返り角の金具は赤銅魚子地桐紋と最高の拵えになっています。大名道具の一つです。 白鞘
拵え
売約御礼

大和国住月山貞利彫同作花押(備前長船長光写)
現代 75.4 2.2 0.86 次期人間国宝に一番近いと言われる 月山貞利の鎌倉時代備前長船長光を狙った快心作です。小板目肌すこぶる良く詰み刃紋互の目丁子刃を見事に焼き、互の目の足を見事に入れ素晴らしい刃を焼き上げています。表独鈷と棒樋、裏に二筋樋と棒樋を素晴らしく上手に彫り上げています。備前長船長光に迫る迫力ある作品です。お楽しみ下さいませ。父人間国宝月山貞一刀匠の箱書きの有る桐箱が本刀の一層価値を高めています。 白鞘 特別価格
御相談
短刀
大和国則長(二代目 尻懸則長)
南北
29.2 0 0.53 大和の刀には大変在銘の物が少なく、これは各寺院に属していたために、元々銘を入れる必要が無く、無銘の刀が殆どです。本短刀は奇跡的に大和国則長の銘が完全に残っており大変貴重な短刀です。鎌倉時代の尻懸則長の2代目に当たる南北朝の則長です。本短刀は平造の寸法やや伸び地金板目肌良く詰み、柾肌が流れ強い鍛えを現し、刃紋はにえ出来の直刃調でややのたれ二重刃交え素晴らしく覇気ある刃を焼いています。在銘の大変貴重な短刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 特別価格
御相談

肥前國住近江大掾忠廣
江戸
初期
69.3 1.5   近江大掾忠廣は肥前国忠吉の嫡男で寛永十八年七月に近江大掾を受領。本刀は太刀姿豪壮で堂々として、姿が素晴らしく良く地金は小板目肌地沸がついて潤いが有り所謂小糠肌の典型です、刃紋は家伝の中直刃素晴らしく良く出来て二重刃風の働きの所もあり、初代忠吉を凌ぐ出来を現しています。新刀期の代表刀工で有り、新刀の正しく優等生といえる名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 特別価格
御相談

和泉守藤原兼定作(之定)(最上大業物)
室町
末期
69.7 1.8 0.68 永正十一年二月日
千両兼定(推定今の価格で5000万円)
生国甲州で関に来て初代兼定門人となり、後に養子となる。孫六兼元と兄弟の契りを結び兄貴分です。永正の初め頃に和泉守を受領。本刀は小板目肌詰んだ地金に柾が交じり、地沸が付き、刃紋は互の目丁子乱れ如何にも最上大業物の切れ味良い大変覇気の有る刃を焼いています。兼定の年紀のある作品少なくこの永正十一年(1514年)期は大変資料的価値も大きいものです。兼定は古来有名ですが現存作少なく大変貴重な刀です。古来戦国大名が競って手に入れたかった和泉守藤原兼定をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
特別価格
御相談

肥後延寿太郎宗廣(同田貫)
江戸
末期
78.5 1.8
0.92 弘化二年三月日
有名な同田貫の名刀です。宗廣は同田貫上野介十代の孫と称する同田貫の末尾を飾る名工です。刀剣愛好家は必ず1口は持ちたいと思う同田貫の刀です。本刀は宗廣の豪快な代表作です。互の目丁子刃におい深く覇気有る刃を焼き、典型的な宗廣の名刀です。同田貫派の刀は戦後一番出世した刀の一本です。古来有名な同田貫の名刀をお楽しみください。
白鞘
拵え
売約御礼

河内守国助(中河内)
江戸
初期
75.7 1
0.84 河内守国助は大坂新刀の代表刀工として余りにも有名な名工です。中河内と尊称され又その華麗な刃紋から新刀一文字とも呼ばれています。本刀は小板目良く詰み細かな杢目をまじえ強い地金をしており。大坂焼きだしの直刃細く焼き出彼が始めて考案した拳形丁子を激しく交えにえ匂い素晴らしく良く付き素晴らしく覇気ある名刀となっております。大阪は二代目が名工揃いで助廣の濤乱刃、真改の直刃、中河内の拳型丁子刃の当時大坂新刀が全国に大人気で、日本全国に一世風靡したことはあまりにも有名です。 白鞘 売約御礼

肥前国忠吉(肥前刀大鑑所載)(肥前初代五字忠吉)
江戸
初期
71.5 2.4
0.81 本刀は元和六年1620年の作です。五字忠吉としては最も最末期の資料的にも大変貴重な名刀です。身幅広く、重ね厚く、鎬高く中切っ先延び心で豪壮な慶長新刀姿。地金板目肌所々地斑が交じり、地沸付いて良く出来ています。刃紋は備前長船長光を狙って互の目が連なり、足、葉が入り、沸が付き砂流しがかかり大変覇気有る刃を焼いて居ります。名工肥前国忠吉をお楽しみください。 白鞘 特別価格
御相談

源信国作左衛門作
室町
末期
67 1.8 0.63 応永三代京信国左衛門の直系の孫であろうか、信国本来の地金素晴らしく良く刃中も素晴らしく明るく良く出来ています。信国には俗名はなはだ少なく大名の特別注文品と思われます。将来の重要刀剣の期待が大きい刀です。 白鞘
拵え
特別価格
御相談
太刀
造大慶直胤(花押)(刻印)(ナニワ)
江戸
末期
74.2 1.5
0.83 天保九年二月日
新々刀の巨人大慶直胤の太刀です。大慶直胤は全国各地に駐槌しておりその地方は判明しているだけだ16か所に上り、全国各地からの招待が有り、いかに大慶直胤が幕末に全国的に有名工であったかがわかります。本太刀も大阪打ちの貴重な太刀です。地金小板目肌よく詰み刃紋は低い互の目丁子刃に金筋を素晴らしく交え相伝備前長船兼光を狙って大成功いたしています。お楽しみください。
白鞘 特別価格
御相談
薙刀
九州肥後同田貫上野介
江戸
初期
42.8 2.2 0.8 慶長十六年(1611年)(401年前)
本刀は世にあまりにも有名な九州肥後同田貫上野介の名薙刀です。年期作は無く大変貴重です。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本刀は小板目に柾まじり刃紋は直調にのたれに互の目みだれ大変良く出来ています。現在人気第一の肥後同田貫甲上野介の刀をお楽しみください。
白鞘 特別価格
御相談
太刀
恵作(人間国宝宮入昭平の子)
現代 80.8 2.2
0.78 (宮入小左衛門)(人間国宝宮入昭平の子)
昭和丁卯年春吉日(昭和62年)(志津写)(無鑑査刀匠)
人間国宝宮入昭平の子で宮入一門からは天田昭次、大隅俊平と言う人間国宝を輩出している、宮入一門の頭領鍛冶です。本太刀は姿堂々と豪壮で、地金は板目肌良く詰み地景が現われ、刃紋はのたれ乱れに互の目が交じり、上品な金筋がいたるところに働き、最高の傑作品です。人間国宝宮入昭平刀匠の刀を見るがごとき太刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 特別価格
御相談
短刀
国平作(39歳作) 正宗写
現代 24.6 0 0.67 河内国平刀匠は奈良県重要無形文化財、無鑑査刀匠として余りにも有名な人気第一の名工です。人間国宝、宮入昭平刀匠と人間国宝、隅谷正峰の両方に、学ぶという大変研究熱心な名工です。本短刀は相州正宗を狙った快心作です。姿は鎌倉後期の力強い姿に真の棟、地金は小板目肌がよく詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は相州伝  のたれ乱れ刃を沸深く焼き上げて正宗の短刀に迫り成功しています。お楽しみください。 白鞘 特別価格
御相談

肥前国陸奥守藤原忠吉(三代陸奧守忠吉)(幻の名刀)(最上大業物)
江戸
初期
76.1 1.2
0.68 肥前国陸奥守忠吉は製作本数大変少なく幻の名刀と言われています。江戸では虎鉄が活躍し、大阪では助廣、真改の両横綱が活躍しており、肥前ではこの陸奥守忠吉が活躍し、江戸時代の刀の黄金期を迎えています。ただこの陸奥守忠吉は父、近江大掾忠廣の代作をしていたためと、天才刀工で有るがゆえに、鍛刀数が非常に少ないため昔から幻の名刀と言われています。本刀も豪壮で地金素晴らしくよく詰み、刃紋は直刃を明るくむらなく豪快に焼き上げいます。本刀は陸奥守任官した近い時期にのみ有る、藤原姓を名乗る資料的にも大変貴重な名刀です。お楽しみくださいませ。 白鞘 特別価格
御相談

来国長(中島来)
南北
69.6 2.4
0.74 元徳1329年頃鎌倉末期、来国末の子で来国俊の門人、後摂津国中島に移住して打つので「中島来」と呼ばれています。本刀は鎌倉末期から南北朝期の豪壮な太刀姿で、地肌は小板目肌に地にえが微塵に厚付き、刃紋は直ぐ調のたれ刃に小足交じり指し裏物打ちあたりに打ちのけを交え、細やかな砂流しかかり金筋入り素晴らしく明るい刃を焼いています。江戸時代は来国光と極められた大名刀です。拵えも江戸期の突兵拵え素晴らしい拵が本刀に華を添えています。 白鞘
拵え
特別価格
御相談

不壊玉人吉光(剣巻き龍の欄間透かし彫)
現代 76 2
0.86 岩手県奥州御所住安本吉光刀匠の素晴らしく豪壮な太刀です。吉光刀匠は人間国宝宮入昭平刀匠の弟子です。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目刃素晴しく良く焼けています。特に欄間透かしの剣巻き龍はいかにも今にも天に昇る勢いを感じさせる素晴らしい彫が一段と本刀を華やかに飾っています。 白鞘 特別価格
御相談

九州肥後同田貫(正国)
室町
末期
65 1.7
0.82 小山左馬介、同田貫上野介、初銘国勝と切り後、加藤清正より正の字を賜り正国とあらためる。本刀は同田貫の刀として古来より余りにも有名な名刀ですが、残念ながら同田貫の刀は殆んど現存作なく貴重な名刀です。正の字の一のみ判読できます。天正頃の体配で身幅広く重ね厚く切っ先伸びて豪壮な姿を現し板目が流れ互の目小乱れ刃を焼き金筋砂流しを盛んに刃中に交えその鋭利さを持って賞玩されています。いかにも業物として名高い名品。萬屋金之助の子連れ狼での刀としてあまりにも有名です。同田貫の貴重な名刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
脇差
大慶直胤(花押)(刻印ヲシテル)
江戸
末期
39.2 0.6
0.54 幕末の最上作直胤の大坂打の貴重な平造の脇差です。弘化四年(1847年)大慶直胤は大坂で作刀いたしております。本脇差は姿素晴しく良く、地金板目肌良く詰み、刃紋は鎌倉時代の備前福岡一文字を写した素晴らしく覇気有る互の目丁子刃を見事に焼き上げています。刻印のヲシテルは大坂の枕言葉です。有名な大慶直胤をお楽しみくださいませ。 白鞘 特別価格
御相談

脇差
丹波守吉道 大阪初代 江戸
初期
73.5
54.2
1.5
0.96
0.7
0.65
本刀は京丹波守吉道初代の次男で三品金右衛門慶長三年生まれ(1598年)正保年中に丹波守受領大坂に移住大坂丹波の祖となり代々非常に栄える元を築きました。尊敬の念を持ち祖父丹波と尊称されています。本刀は父京初代丹波守吉道が考案した簾刃を完成させて当時の和泉守国貞や河内守国助とともに大坂新刀の元を築いた名工です。本大小は昭和47年と昭和49年に昭和名物帳に登載されています。お楽しみ下さい。

白鞘
白鞘
特別価格
御相談
脇差
井上真改 菊紋延宝九年八月日
江戸
初期
53.6 1.2
0.72 鎬造り庵棟で反り浅く中切っ先、地金小板目肌非常に良く詰み地にえ細かに良く詰み地景良く現れています。刃紋は相州正宗写。大互の目乱れ。沸が大変暴れて素晴らしい、大変覇気有る刃を焼いています。地景の入った地金、にえの良く付いた乱れ刃に激しい金筋を交えた明るい刃文は相州伝の奥義を極めています。大坂正宗と称された所以はここにあります。拵えも江戸時代の大変しゃれた拵えが本脇差を一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
特別価格
御相談
脇差
河内守藤原国助(初代)
江戸
初期
39.9 0.9
0.88 生まれは三重県伊勢亀山で、山城の堀川国廣の門に入り後、和泉守国貞とともに大坂に移住、大坂新刀の基となる。本刀は小板目良く詰んで細かな地にえがついた大坂地金で刃紋は志津写の互の目丁子刃匂い深く小にえの良く付いた素晴らしく明るい刃を焼いています。2代は中河内、弟子にソボロ助廣がおり、その子供が津田越前守助廣で初代国助が居たから大坂新刀が栄えたものです。但し初代河内守藤原国助の現存作非常に少なく本脇差は貴重な名刀です。 白鞘 特別価格
御相談

出羽大掾藤原國路
江戸
初期
71.2 1.5 0.72 国路は初め国道と切り慶長十四年紀の作刀から国路を切っています。国廣門下を代表する名工です。本刀は地金板目肌に元大人しく直調の刃を焼、先で丁子刃を一文字の丁子刃の様に見事に焼き上げ、重要文化財備前国与三左衛門尉祐定を彷彿とさせる名刀です。彫も表に真の剣巻き龍と裏に八幡大菩薩の見事に彫上げて本刀に一段と華を添えています。 白鞘 特別価格
御相談
薙刀
阿波守在吉
江戸
初期
47 1.8 0.98 堀川国廣門下でも一番古い弟子で国廣の代作者。重要美術品の長義写しの刀は国廣の長義写しの山姥切りの刀と殆んど同作。国廣のそばに居たことは明白です。国廣の代作者の為、阿波守在吉銘の薙刀はこの薙刀を入れて2口今回この刀の新発見で3口。薙刀短刀全部合わせても 10口も現存していない貴重な薙刀です。本刀は切っ先の伸びた反りの深い慶長新刀の姿で地金板目に肌立ち心ざんぐり肌で地にえ良く付き、刃紋はのたれに互の目交じり小にえよく付き足が入り帽子は小丸。堀川国廣の名刀を髣髴とさせる素晴らしい出来です。国廣が山伏となり漂泊中付き従った弟子阿波守在吉は松尾芭蕉と弟子の曽らとに称えられています。 白鞘 特別価格
御相談

陸奥大掾三善長道
江戸
初期
66.6 0.9 0.74 会津に生まれ後に江戸へ出て、山野勘十郎久英より刃味についての奥義を授かり、素晴しい切れ味を誇っています。本刀は地金小板目肌良く詰み、地沸良く付き、刃紋互の目小沸良く付き匂深く素晴しく冴え。本刀もぼうしが虎鉄ぼうしとなり、長曽祢興里入道虎鉄を彷彿とさせる名刀です。拵えも庄内拵で素晴しいものです。 白鞘
拵え
特別価格
御相談

過去の 名刀 保管庫はこちら


明倫産業 本店地図
〒543-0074 大阪市天王寺区六万体町 1-32
1F駐車場 2F武道具専門店 3F事務所(刀剣の買取)
6F刀剣展示場
地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽丘駅より徒歩3分
          谷町九丁目駅より徒歩8分
Tel:06-6772-3026(代表) Fax:06-6772-3028
店舗の詳細・会社概要はこちら

谷九店店舗紹介
地下鉄谷町線・千日前線
谷町九丁目駅すぐ
Tel:06-6772-3029(代)

梅田店店舗紹介
大阪駅前第二ビル 2F
JR大阪駅・北新地駅
地下鉄私鉄 各梅田駅
Tel:06-6346-0567

京都店店舗紹介
京阪神宮丸太町駅
徒歩15分
武道センター前
Tel:075-752-0002
Copyright © 2014 Meirin.Co.Ltd. All Rights Reserved.